HOME>オススメ情報>商品先物取引とは?メリットなど詳しく紹介!

商品先物取引とは

商品先物取引とは、金やガソリン・とうもろこしなどの商品に投資する取引のことです。資産運用を積極的に行いたいという方に適した取引だと言われています。

商品先物取引のメリット

  • 買い・売りどちらからでも取引ができる
  • 少額の資金からでも投資ができる
  • ダイナミックな値動きをするものもあり、短期間で利益が望める
  • 取引できる期間内であれば自由に売買することができる
  • トレードできる時間が現物取引に比べて長い
  • ナイトセッションと呼ばれる時間外相場がある
  • 会社帰りなど自分が取引したいタイミングで売買できる
  • 一定の流動性が確保されている取引所取引である
  • 一般的に妥当と考えられる公正価格で取引される
  • 証拠金を預けることでそれ以上の金額の取引をすることが可能

先物取引は信用が第一

グラフ

先物取引は、マナーにおいては信用を得ることが大事です。これはどういうことかと言いますと、投資をして貰う資産家の方にはマナーをもって接し、商品に資金を投資してもらうことが商品先物取引になります。これらは、商品を紹介する上で営業マンとなる取引仲介やアドバイザーが最も気を付けるべきものになります。これは商品自体の信用性はもちろんのこと、取引仲介を担うアドバイザーも同様に投資家の方に信用されなければ、どのような商品を紹介しても資金を投資してもらえないと言えます。逆に信用を得ることが出来れば投資において資金を得ることが出来るためまずは信用を得ることをアドバイザーは一に考えて行動をすべきです。そうしなければ、投資を行う方の信頼を得ることが出来ず、商品への投資や取引を行えない可能性もあり得ます。

証拠金を用意できるかどうかも問われる

グラフ

商品先物取引は、基本的には現物を投資家の方が所有をしない投資法になります。その為、投資家の方が問われるのは投資をするだけの商品と同等額の証拠金を用意できるかどうかです。この証拠金が用意できなければ、商品に投資をするだけの資金が不足しているとみられ、商品先物取引を行うことは出来ないのです。

基本的には1年を限度に商品は売却される

女性

商品先物取引における商品の取引ですが、基本は一年を取引期間として、その後は投資した商品を売却することで資産家は利益を得ます。つまり恒久的に商品を保有することは出来ず、必ず最後には商品を売買してから取引を終了とするのが、商品先物取引のルールなのです。なお銘柄により売却する期日は異なるので上限が長い商品もあります。

広告募集中